手習い3

日本ヴォーグ社からの、通信講座のキット3回目、最終回のの教材が届きました。ao.さんの草花ブローチキットは、1ヶ月目が野ぶどう、2ヶ月目がミモザ、3ヶ月目がバラ、の全3回レッスン。さまざまな季節のお花を楽しむことができます。

 

私が一番作りたかった3回目のバラの花。布花では、花びらのふっくらした丸みを出すにはコテが必須なようなのですが、このキットでは使わずに済むよう工夫されています。

 

で、一番難しかったのが、このバラの花でした。

f:id:funfunfungi:20190907161016j:plain

布花 バラ

 

花の芯の部分が綺麗に巻けずに、ちょっと失敗してしまいましたが、花の中心がクシュっとしたタイプのバラということにしてごまかしました。

f:id:funfunfungi:20190907161327j:plain

布花 バラ

 

f:id:funfunfungi:20190907161748j:plain

布花3種と、余った素材でもう一つ

材料はいずれもほんの少し余るので、それを使って小さなブーケも作りました。

楽しかった〜♫

 

野葡萄とミモザのは、もう普段使いしていて、ブローチというよりスカーフどめとして使っています。

 

 

9月になりました。

カラスミセバヤが咲きました。オキシペタラムは空色の花を次々と咲かせてくれています。どちらも、暑さ、湿気もものともせず元気です。

f:id:funfunfungi:20190901105704j:plain

カラスミセバヤとオキシペタラムの花

オールドローズの「粉粧楼」も花芽があがってきました。

 

f:id:funfunfungi:20190831105753j:plain

萼が羽のようで可愛らしいです。

フェルニア(Huernia whitesloaneana)は、小指の先ほどの釣鐘型の花をつけています。これらは暑さと湿気で少し弱っていたのですが、涼しくなって元気を取り戻しています。

f:id:funfunfungi:20190818142513j:plain

煮干しの匂いがするのです…

f:id:funfunfungi:20190818142749j:plain

花の形はどこからみてもすこぶる可愛いのですけれど

ニラも葱坊主のような蕾が目立ってきたのですが、こちらは収穫して食卓へ。葉ほど匂いがきつくなく、茹でてマヨネーズをかけるとアスパラガスのような食感で美味しいです。

f:id:funfunfungi:20190901161221j:plain

ウツボカズラの植木鉢にニラの蕾を挿してみました。

地面に近い暮らしはいいよと夫の母がよく言うのですが、植物たち(鉢植えも多いけれど☺️)を見ているとその意味がよくわかります。

シソ・ウメ

夫の実家から、赤紫蘇を送っていただいたのでシソジュースを作りました。葉っぱだけにして送っていただいていたので、大変ありがたかったです。

左から順に、シソジュース、梅シロップ、梅酒。

f:id:funfunfungi:20190825140211j:plain

シソジュース、ウメシロップ、梅酒

ウメシロップは発酵しているので、水で割ると微炭酸なドリンクに。

シソジュースの風味づけにはウィスキーを使っています。ジャムにはブランデーがいいけれど、シソジュースにはウィスキーがさっぱりとして合うようです。

 

5月に株分けしていただいた、セッコクに花が咲きました。株が充実するともっとたくさん花がつくと思います。

f:id:funfunfungi:20190824102940j:plain

セッコク

 

果物のジャム

帰省の直前にお隣からイチジクをいただきました。

冷凍庫に入れていたのを今日ジャムにしました。イチジクは酸味がないので市販のレモン果汁とクエン酸で酸味を加えました。

f:id:funfunfungi:20190817135354j:plain

完熟イチジク

 

そして、お庭のブルーベリーの実もジャムにしました。まだ木が小さく鉢植えにしているので、一日おきに5、6粒という収穫だったので、つどつど冷凍して貯めていました。

f:id:funfunfungi:20190817143114j:plain

ブルーベリー

トーストやヨーグルトにのっけて食べるのが楽しみです。香りづけはブランデーで。

f:id:funfunfungi:20190817150111j:plain

イチジクとブルーベリーのジャム

 

手習い2

日本ヴォーグ社からの、通信講座のキット2回目の教材が届きました。ao.さんの草花ブローチキットは、1ヶ月目が野ぶどう、2ヶ月目がミモザ、3ヶ月目がバラ、の全3回レッスン。さまざまな季節のお花を楽しむことができます。

で、今月のミモザは、手染めの刺繍糸をいくつも玉結びしてお花を作ります。

 

f:id:funfunfungi:20190810142636j:plain

ミモザの布花

 

f:id:funfunfungi:20190810145254j:plain

ミモザドライフラワーがイメージされているようです

大きさは、縦が7cmほどで思った以上に小さいです。花もですが、葉っぱの切れ込みが細かくて苦労しました。

 

私が一番作りたいのは、実は3回目のバラの花。布花では、花びらのふっくらした丸みを出すにはコテが必須なようなのですが、このキットでは使わずに済むよう工夫されています。

 

www.tezukuritown.com

Tブラウス

f:id:funfunfungi:20190804174325j:plain

レース生地のTブラウス

*ヘルカ+ハンドメイドさんのTブラウス3着目です。着物スリーブで袖付けはなく、袖口に切り替えはあるものの、実質、後・前身頃二枚で作れます。袖が肘まで覆ってくれますが風が通って涼しいですし、重ね着もできるので重宝します。

 

handmadefor.net

 

パッチワークほど細かくはなく、大雑把にハギレを組み合わせて、仕立てています。

この組み合わせを、考えるのに一番時間がかかるのですが、ぴったり収まるととても嬉しいです。

ここのところ夏はこのTブラウスと、パターンレーベルさんのドロップショルダーTブラウスで乗り切っています。

www.pattern-label.com

 

作るものを決めずに生地を買うことが多いので、中途半端にハギレが出てしまいます。そうした生地と実家の昭和遺産の生地などをツギハギしてます。

 

f:id:funfunfungi:20190804174505j:plain

ひまわりのレースと、昭和なレース、薄手のリネンガーゼの組み合わせ

f:id:funfunfungi:20190804174741j:plain

花模様のローンと無地のコットンとかも

実家の昭和遺産、着物の生地もあるので、秋冬の重ね着用にも作ろうと思っています。